シラグラは安価で効果抜群のED治療薬です

かさをさすカップル

シラグラは、バイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラは、アメリカの製薬会社ファイザーが開発したED治療薬です。
主成分は、クエン酸シルデナフィル。
これを使って、インドの製薬会社がバイアグラそっくりに作ったのがシラグラです。
シラグラは、バイアグラと同じ成分で作られているので、効果はほぼ同じです。
但し、バイアグラに比べると、価格が安いのが特徴です。
バイアグラは1錠あたり1500円ほどですが、シラグラは150円から300円位で購入できるのです。
成分や効果が同じなのに、なぜここまで安いかというと、その理由はインドの特許事情にあります。
インドには成分に関する特許が存在しません。
そのためバイアグラを作った製薬会社に特許料を支払うことなく、クエン酸シルデナフィルを使ってバイアグラそっくりの薬を作ることができるのです。
また、薬価コストの大部分を占める開発費は、それほどかかりません。
組成はバイアグラにならっていますし、臨床実験もバイアグラによって十分におこなわれているからです。
有効成分シルデナフィルには血管を拡張し、血流量を増やすことにより、勃起不全を改善する成分が入っています。
勃起不全の原因はさまざまですが、心理的要因の場合や、神経や血管などの体に要因がある場合のどちらの場合にも効果があります。
但し、初めての人や高齢者の多飲は禁止されています。
また、服用回数も1日1回と決められています。
日本人の体格では、25から50ミリグラムで十分とされています。
そのため、販売単位は50ミリグラムと100ミリグラムの二種類となっています。
多く飲んだからといって、その分効果が表れるわけではないので、きちんと、服用方法は読んでからか、薬局などできちんと説明を受けてから服用することをおすすめします。
シラグラの副作用は、主に、頭痛や顔のほてり、鼻づまり、動悸、視覚異常などです。
頭痛が圧倒的に多い症状となっていますが、すべての人に発症するわけではありません。
後遺症などは特に確認されていませんが、過剰摂取は生命の危険に及ぶこともありますので注意が必要です。
シラグラは日本では販売されていないため、入手するには個人輸入代行業者などを使ってインドから直接輸入する事が必要です。