勃起不全の治療に使えるインド製のジェネリック

ED治療薬とは勃起不全の際に用いられる薬品です。
この症状に悩む男性のほとんどは、手術や治療器具を使用することに抵抗を持っており、薬による治療を望んでいます。
しかし、ED治療薬の殆どは、保険の適用外となるので非常に価格が高く、継続的に服用すると、かなりの経済的負担となります。
代表的な薬バイアグラは発売当初と比べてかなり価格が下がりましたが、それでも1錠1,200円以上です。
1回の性行為に1,200円かかるので、性生活が充実し回数が多い方ほど出費が増える事になります。
バイアグラのジェネリックは日本でも承認され、クリニックで処方を受けることが出来るようになりました。
但し、1錠1,000円程度と極端に安いわけではありません。
一方、レビトラ、シアリスのジェネリックは承認されておらず、クリニックで入手することはできません。
個人輸入代行サイトで安価なインド製ジェネリックが人気です。
理由はインドと言う国の特許概念が他国と異なるからです。
先進国には成分特許と言う概念が存在し、一定期間はジェネリックの製造が制限されます。
しかし、成分特許概念がないインド製なら大丈夫というわけです。
そのため、日本では承認されていないレビトラやシアリスのジェネリックが存在するのです。
バイアグラジェネリックに関しても、日本のクリニックで承認される随分と前から個人輸入代行サイト等で販売されていました。
1錠300円を下回る薬がほとんどであり、低コストで勃起不全の治療ができるのがメリットです。
勃起不全治療の基本は、薬と生活習慣の見直しです。
生活改善をしていけば、少しずつ勃起不全の症状は軽減していきます。
そこに至るには時間がかかるため、少なくとも半年以上は薬が必要だと考えましょう。
インド製のジェネリックを購入する方は、該当するジェネリックの先発薬が服用できることが条件です。
医療機関でバイアグラの処方しか受けたことがない方は、レビトラやシアリスのジェネリックを利用するのは避けましょう。